ボランティア活動

このはな助けあいの会「あいっこ」

会員同士が支えあう、有償ボランティア活動

「ちょっと困ったな」「助けてほしいな」というときに、会員同士で支えあう活動です。
仕事としてではなく、利用する人の気持ちの負担を軽減するよう、感謝の気持ちを謝礼のやりとりで表します。
会員に登録すると、支援することも、支援を依頼することもできます。
つまり、一方的に「助けてあげる」「助けてもらう」のではなく、自分ができることでお互いに助け合う仕組みです。

入会金・年会費無 料(利用会員、活動会員とも)
支援活動の謝礼300円/30分毎
謝礼の受け渡し活動終了後、利用会員が活動会員に直接支払う
活動時間月~金曜日 午前9時~午後5時
ボランティア活動保険事務局にて非営利・有償活動団体保険に加入します
Q.
利用したいとき、活動を始めたいとき、どうすればいいの?
A.
まずは事業の説明をさせていただきます。主旨をご理解いただいたうえで会員の登録を行っていただきます。
Q.
手伝ってほしいことがあるとき、誰に頼めばいいの?
A.
事務局に連絡ください。困りごとを詳しくお伺いし、引き受けてくれる活動会員と連絡調整します。場合によっては状況確認のため活動会員と現地を訪問させていただくこともあります。また、活動者が見つからないときもあります。
Q.
謝礼はどうやって渡せばいいの?
A.
活動が終わった時点で、利用会員から活動会員へ直接渡してください。その際、「活動記録表兼受領書」を双方で受け取ります。後日、活動会員が控えを事務局に提出していただきます。
Q.
ボランティアをしたことがないけれど、自分にできるかな?
A.
地域社会の様々な方が助け合いに参加すると、住みよいまちづくりに近づきます。できそうな活動探しをお手伝いします。
Q.
お金を渡すのだから、どんなことでも頼んでいい?
A.
ご本人が出来ることは自分でしてください。雇われてするのではありません。対等な関係を保ちながら、お互い様の気持ちで活動が成立します。
ページトップへ移動